TBT’s EYE

ZINE入門

知り合いのZINEが出ているということで別冊Lightning Vol.143 ZINE入門を購入した。
ZINEの語源は”MAGAZINE”とされ、マガジンまでの情報量は無いが…
といった感じか。
あまり知られてはいないが、きちんとしたマーケットもあり、表紙にも写っているEd TempletonのTeenage Smokersは現在10万円以上で取引され、スイスにはNIEVES BOOKSというZINE専門の出版社まである。
僕はもともとGraffitiが好きで、多くのライターたちがZINEをだしていてそれらを集めていくうちにZINE自体にも興味がでてきた。
コピー機とホッチキスさえあればだれでも出版できるのでクオリティの低いものも多いが、その中から面白いものを見つけることができた時は喜びもひとしおだ。
都内だと代官山 蔦屋書店などでも販売しているので、自分のお気に入りを探してみるのはいかがか。
(IKEGAMI)