MILANOSALONE
MILANO SALONE サローネリポート

MILANO SALONE

ミラノサローネの本会場フィエラで例年通り大きな注目を集めたスイスのVitra。同社のカラーディレクターを務めるヘラ・ヨンゲリウスによって、イームズ夫妻の名作ESUのカラーリングが一新された。

イタリアの木工家具ブランド、Mattiazziのフィエラでの展示。昨年発表されたコンスタンティン・グルチッチの椅子Mediciにスツールとサイドテーブルが加わった。奥にはジャスパー・モリソンの新作も。

アウトドア家具を専門とするKettalのフィエラのスタンド。ジャスパー・モリソンの新作椅子Kettal Villageのほか、パトリシア・ウルキオラらの製品がカラフルに展示された。

ミラノ市内の有名なショップ&ギャラリー、Rossana Olrandiで展示されたGeorg Jensenの新作Tea with Georgeはパーティの最中のようなスタイリング。オランダのショルテン&バーイングスによるデザイン。

同じくRossana Olrandiの展示で、韓国出身のWonmin ParkのHazeシリーズ。彼は多くの著名デザイナーを輩出するオランダのデザインアカデミー・アイントホーフェンを卒業した若手。

ミラノサローネ中に20ヶ所で新作を展示するなど、今年も大人気だった日本のnendo。これはイスラエルの建材メーカーCesare Stoneのためにデザインしたテーブルのインスタレーション、stone garden。

昨年デビューしたイタリアのDisciplineは、サステナビリティを重視してものづくりに取り組むブランド。岩崎一郎の新作シリーズBridgeなどが、半屋外の会場に展示された。

ロナン&エルワン・ブルレックがBMWの新しい電気自動車のイメージを表現したインスタレーション、Quiet Motion。回るベンチには来場者が腰掛けることができる。歴史的建築の中庭が舞台に。

昨年からスタートした新会場MOST。今年はStudio JobがデザインしたLensveltの新作展示が独自の世界観を表現した。家具は鼻の形をしたゴールドのパーツが把手になっている。

ミラノ市街のトルトーナ地区で開催されたMOOOIの展示。写真を背景にしたスタイリングで新旧のアイテムをミックスし、力の入ったプレゼンテーションを行った。これはマルセル・ワンダースによるシャンデリアInk Airbone。

同じくトルトーナのe15のショールームでは、ドイツのシュテファン・ディーツがデザインした新作This、That、Otherが発表された。驚くほどシンプルな構造を採用した木製の椅子。

ミラノ市街北東部では、2010年からVentura Lambrateというイベントの一環として多くの展示が行われる。新世代のデザイナーが多く参加することもあり、Diesel Home Collectionの家具を使った会場内のカフェは幅広い人々で賑わった。

credit

Photograph:Takumi Ota

Edit:Takahiro Tsuchida

topics archive