EXHIBITION at 代官山T-SITE GARDEN GALLERY

10Japanese Designers in Koloro-desk EXHIBITION
at 代官山T-SITE GARDEN GALLERY

6月14日、15日に行われた「10Japanese Designers in Koloro-desk EXHIBITION at
代官山T-SITE GARDEN GALLERY」の模様をご紹介します。

去る6月14日、15日の2日間、代官山T-SITE GARDEN GALLERYにて日本初となる無煙たばこのインスタレーション形式の展示が行われた。会場のデザインは今年4月に行われたミラノサローネの展示同様、株式会社トラフ建築設計事務所が担当。彼らの作品である4つの開閉できる窓が付いた「コロロデスク」を各デザイナーが自由な発想で使用し、展示を行った。

天井からはトラフ設計事務所の作品、「空気の器」が吊るされ会場を彩っていた。従来のたばこの機能性重視でシンプルなイメージを刷新した、デザイナーそれぞれのユニークなインスタレーション展示が目を引いて、通りがかりの人々も足を止め展示を鑑賞していた。初日の14日にはレセプションパーティーが行われ、各デザイナーも来場し、多くの人たちで賑わった。

今回、コロロデスクに展示された各クリエイターデザインの無煙たばこ。たばことしての実用性だけでなく、無煙たばこを通して人が集まることによって新たなコミュニケーションが生まれるなど、新たな無煙たばこの価値を生み出していた。

展示会場では今回のデザインを担当したデザイナーやファッションブランドが手掛けた製品も販売され、無煙たばこのデザインと比較して楽しむ来場者の姿も。たばこと接点のなかった人や、子連れの来場者も楽しむことができ、デザインの力と無煙たばこの可能性を感じさせるインスタレーション展示となった。

credit

Photograph:Satomi Yamauchi

Edit:Kei Kimura

topics archive

press release(PDF)