夜空は映画祭 by SMOOTH V!P
 ~デザインから映画を楽しむ~

「タイトルデザイン」という職業を知ってますか? 映画通の人でもその【職業】を的確に言い当てられる人が少ないのですが、映画本編が始まる前にグラフィカルな文字で映画のタイトルが登場する場面があるかと思います。まさに、あの文字をつくるのが「タイトルデザイン」という仕事。

映画がはじまるワクワク感やドキドキ感。映画そのものを文字だけで現すことの難しさが「タイトルデザイン」にはあります。

2015年東京の秋が、デザインで活気あふれるこの時期、東京物産展はこの「タイトルデザイン」に注目し、第一人者の赤松陽構造氏とアートディレクター千原徹也氏(れもんらいふ)がセレクトしたタイトルデザインの優れた映画を3日間上映。

さらに、4日目にはおふたりによるティーチインイベント「映画タイトルデザインの魅力~デザインから映画を楽しみ~」を開催。

映画はCLASKAの屋上という野外上映を予定。秋の夜、映画の楽しみ方をちょっとかえてみるのも面白いと思います。

また、今回の4日間のプログラムを、SMOOTH V!Pが主催。SMOOTH V!Pとは、新しいファッションアイテムとして人気となっている、水蒸気によって紅茶やミント、モヒートなどのフレイバーを楽しむもの。
イベントでは、SMOOTH V!Pを体験できる、テイスティング・バーも用意。

映画上映前に、未体験の方はぜひお試しください。

■上映会(入場料無料/各日 開場時間16:00~ 上映開始時間19:00~)

10月27日(火)
『サイコ』(監督:アルフレッド・ヒッチコック/タイトルデザイン:ソール・バス/109分)

10月28日(水)
『キッズリターン』(監督:北野武/タイトルデザイン:赤松陽構造/108分)

10月29日(木)
『ケープ・フィアー』(監督:マーティン・スコセッシ/タイトルデザイン:ソール・バス/127分)

■ティーチインイベント

10月30日(金)19:00~20:30
出演:赤松陽構造氏、千原徹也氏
赤松氏と千原氏がセレクトしたタイトルデザインが優れた映画について、クリエイティブな発想や作品の醍醐味などを語り尽くします。

赤松陽構造

赤松陽構造
1960年代より映画タイトルデザインに従事。メインタイトルをはじめ 、400以上の映画作品のタイトルデザインを手がけている。
代表作『HANA­BI』『Shall we ダンス?』『ウォーターボーイズ』など・

千原徹也

千原徹也
アートディレクター。デザインオフィス「れもんらいふ」代表。
木村カエラ10周年記念ライブ、菊池凛子web saite、ZUCCa、GU 新宿ルミネなど、広告、装丁、ブランディング 、WEBなどそのデザイン活動分野は多方面に亘っている。

■SMOOTH V!P BAR
10月27日(火)~30日(金)16:00~21:00


■会  場:
CLASKA 内 THE 8TH GALLERY & ROOFTOP
http://www.claska.com/about/access.html
〒152-0001 東京都目黒区中央町1-3-18


■イベント参加料
参加料無料 
先着100名限定


■THE 8TH GALLERY「SMOOTH VIP BAR」
SMOOTH VIPの香りを引き立てるドリンクを飲みながらSMOOTH VIPを愉しむ。
THE 8TH GALLERY エントランスにて試飲用のSMOOTH VIPを配布いたします。
8階で飲み物を飲みながら、ルーフトップで上映作品を鑑賞しながらお楽しみください。
・ご来場の際は防寒対策をお願いいたします。

■OPEN時間
10/27(火)~30(金) 16時~21時

topics archive