EXHIBITION at 代官山T-SITE GARDEN GALLERY

夜空ハ映画祭 by SMOOTH V!P ~デザインから映画を楽しむ~

CLASKAでは、10月27日~29日の3日間。タイトルデザインにこだわった映画を毎日1本上映。そして30日の最終日には、その映画をセレクトした、日本のタイトルデザインの大御所・赤松陽構造氏とデザイン会社れもんらいふ代表の千原徹也氏とのトークイベントが開催されました。

トークイベントは、千原氏が大好きというアメリカのタイトルデザイナーのソール・バスの作品について熱くコメント。ソール・バスの創ったいくつかのタイトルを集めて説明している際には、「僕このまま朝まで語っていけますよ!」と愛あるコメントがいくつも出てきて、大勢のお客さんたちを沸かせていました。

途中から赤松氏が合流しての主なトーク内容は、赤松氏の作品がつくられる過程や、タイトルデザインという仕事がいかに職人的なワザも才能もいるかということを、丁寧に説明。しかし、職人気質な赤松さんは、自らのことは引いてお話をされ、「とにかく映画が大好きだから、これまでやってこれた」と謙遜するだけ。「映画は監督のものだから、タイトルデザインに凝る人もいれば、まるっと全部まかせてくれる監督もいるので、本当にできるまでの工程はさまざまです」と、現場の様子などをまじえ説明してくれました。

赤松氏の手掛けてきたタイトルデザインは北野武監督作品をはじめ、周防正行監督作品など。 映画タイトルだけで説明すると、「まほろ駅前狂騒曲」「超高速!参勤交代」「MONSTER」「さよなら渓谷」などなど、おそらくは映画好きな人で見ていない人はいないといえるほど、数多くある。

千原氏、赤松氏の話を聞いて、会場に集まった人はこれから見る映画の見かたがちょっと変わったと思う。映画はいろんなことを知れば知るほど、やはり楽しくなるものだ。


DATA

■上映会(入場料無料/各日 開場時間16:00~ 上映開始時間19:00~)

10月27日(火)
『サイコ』(監督:アルフレッド・ヒッチコック/タイトルデザイン:ソール・バス/109分)

10月28日(水)
『キッズリターン』(監督:北野武/タイトルデザイン:赤松陽構造/108分)

10月29日(木)
『ケープ・フィアー』(監督:マーティン・スコセッシ/タイトルデザイン:ソール・バス/127分)

■ティーチインイベント

10月30日(金)19:00~20:30
出演:赤松陽構造氏、千原徹也氏
赤松氏と千原氏がセレクトしたタイトルデザインが優れた映画について、クリエイティブな発想や作品の醍醐味などを語り尽くします。


■会  場:
CLASKA 内 THE 8TH GALLERY & ROOFTOP

■イベント参加料
参加料無料

■THE 8TH GALLERY「SMOOTH VIP BAR」
SMOOTH VIPの香りを引き立てるドリンクを飲みながらSMOOTH VIPを愉しむ。 THE 8TH GALLERY エントランスにて試飲用のSMOOTH VIPを配布いたしました。

topics archive